ピンクチラシを集めて現地アポートへ潜入!

Dzień dobry(ジェン・ドブリィ)
世界のエイネル会長です!

謎の国、ポーランドの首都ワルシャワ来ちゃいました〜
さっそく荷物を置いて風俗いきまする

ポーランド風俗の主流がアパートエスコートという置屋風俗です
置屋はどこの国でもあるあるなのですが、ポーランドクラスになると一味違います

路上に落ちているピンクチラシに記載している住所めがけて潜入するという手法なのです
斬新すぎて楽しくなってきましたね

けど普通に通行人がいる中でピンクチラシを探し、拾う行為は強心臓が必要かもです笑

まぁ一目はあんまり気にならない私は汚いピンクチラシを拾い、記載住所をググります
ググった中から比較的近くに位置するアパート目掛けて、タクシーでGOします

すると、何の変哲も無いアパートの前で降ろされました

ドア越しに中を覗きますが、ほんとにここで場所があってるのか不安になってきます

住所記載の部屋番のチャイムを鳴らすとドアが開きました

気味の悪いアパートにINし、さらに気味の悪いエレベーターに乗ります

エレベーターを降りて記載の部屋番号へ向かいますが、どんよりとしていて本当に気持ちが悪いですね

そしてようやく部屋へ到着・・
部屋のチャイムを鳴らすと・・

受付のママさんみたいなクソババアがお出迎え
ドアが開くと在籍嬢が目に入ってきました

この時居たのは6人くらいだったでしょうか・・

全員が40歳前後のデブクソババア
下着姿でダラシないボディ
もちろんクソブスで、東欧美女と呼べる代物ではもちろんありません

1時間150ズローチ≒4,000円くらい、と言われましたが
片足を踏み入れただけで引き返しました

とにかく恐怖でした
負のオーラ半端ないです笑

ワルシャワのピンクチラシ風俗はいく価値なしです

恥を忍んでピンクチラシを拾い、タクシーでわざわざ向かいましたがすべては無駄に終わります
万が一ワルシャワに行ってもピンクチラシはスルーしましょう

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポーランド最終日はアパート置屋リベンジ【A-Studio】